前へ
次へ

結婚式の会場でゲストが行う手順

ゲストとして結婚式や披露宴に出席するときは、一般的な手順を知っておくとあわてずに済みます。
まず会場に着いたらクロークに荷物を預けてから受付へ向かいますが、このとき袱紗とご祝儀袋を忘れないようにしましょう。
女性の場合、メイク直しなどをしたいならクロークに預ける前に済ませて、その後かさばるメイク道具も一緒に預けます。
パーティーバッグと袱紗を持って受付に行き、挨拶をしてご祝儀袋を渡しましょう。
すると芳名帳への記名を促されます。
最近では、芳名帳ではなく事前にカードを書いて持っていくこともあるそうです。
その場合は招待状にその旨とカードが同封されています。
受付が済んだら控え室に向かいましょう。
ここではさまざまなゲストと同席するので、騒がないよう気をつけます。
ここまでを、だいたい式のスタートより1時間前から30分前程度に済ませましょう。
あとは式が始まるまでウエルカムドリンクなどを楽しみながら待つだけです。

Page Top