前へ
次へ

おしゃれなご祝儀袋を選ぶときは水引をチェック

結婚のご祝儀袋は、上司など遠慮のある間柄の場合は無難な白いものを選びましょう。
でも、親しい友人などならおしゃれなものやかわいいものを選ぶのもいいかもしれません。
そのときに気をつけたいのがマナーです。
市販のものは最低限のマナーは守って作られていますが、それでも注意は必要です。
例えば水引ですが、基本的に結婚式の場合には「これで最後で結び直しは無し」という意味を込めて、結び切りのものやあわじ結びを選びます。
最近では水引で花の形を作ったもの、富士山の形に結んだものなどアート性が高いご祝儀袋もあります。
どれも結び直せない複雑なものなので、これはマナーにのっとっていると言えるでしょう。
注意したいのが蝶結びです。
結婚だけでなくご祝儀全般用の製品は、たまに蝶結びのものがあります。
蝶結びは何度でも結い直せることから、出産祝いなど「何度あってもいい喜び事」に使われますが、結婚は一生に一度なので不向きな結び方です。

Page Top